20200901_poster_webuse560.png

​公募展

第壱回【黒白ヱキスポ666】

★昭和黒白[眼ン球]パヴィリヲン★

☆親愛なるTH伍†伍号に捧ぐ☆

【日程】

2020年10月10日(土)〜10月18日(日)

※会期中は【禁煙】となります

【時間】

午後3:3:3~9:9:9(6時間6分6秒間)開園

​※最終日は少し早く閉まる予定です

【場所】

Gallery 螺旋  (マチモの壁)​

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南3-45-1永和ビル302
☎03-5378-1517

 

【閲覧料】

喫茶店となりますので

ご飲食のオーダーをお願い致します。

【SNS宣伝用ハッシュタグ】

→ #​黒白ヱキスポ666

​【メインヴィジュアル】上園磨冬

---------------------------

【参加作家】

★募集終了しました★

◆アマミガアルタメ

◆涅暗ねじ

---------------------------

◆上園磨冬(メインヴィジュアル)

---------------------------

【特別ゲスト作家】

◆中尾変

◆かっこわらい雑貨店

◆カワソエノドカ

◆冴羽日出郎

◆いだちえみ

◆ツキノキヒロシ

◆月ノ光サク

 

※未掲載者は只今交渉中です。

---------------------------
【大事件的特別ゲスト作家】

◆サジヒロミ

「黒白ヱキスポ666」大事件発表


独特のダークファンタジーで
SF世界を描く作家で

あの「ハカセシリーズ
(ハカセ・ムシオ・顔兵)」を創み出し

DIR EN GREYのCD&PVの
アートワークをも手掛けた

「サジヒロミ」氏がゲスト参戦√

 

アレから20年……

現在のハカセと顔兵の姿が
観れるかもです……

 

---------------------------
【重罪事件的特別ゲスト作家】

◆JosephCultice(from LA)

「黒白ヱキスポ666」重罪事件発表

LAから超大物フォトグラファー
ジョセフカルティス氏が緊急参戦

 

「マリリンマンソン」の存在を
世に知らしめ決定付けた

1997年98年辺りの
マンソンを撮影し

名曲「アンチクライスト」の
PV的ライヴ映像も監督し

マンソン自伝書の表紙裏表紙
所属レーベルの公式プロモ写真

メカニカルアニマルズの
白塗りキャラ等……

 

数数のマンソン代表作を創んだ

孤高のfotographer
Joseph Cultice氏がゲスト参戦√

 

---------------------------
【スペシャルサンクス】

◆©永井豪
/ダイナミック企画

☆上園磨冬×デビルマン
=「デビルマコ」☆

近年、
湯浅政明監督によるアニメ
「 DEVILMAN crybaby」
(湯浅デビルマン)の登場により
新たな層を獲得し
盛り上がりを観せている
「デビルマン」シーン。

そんな「デビルマン」の歴史に
十月十日
次なる刺客が登場する。

其の刺客とは
今回の
「黒白ヱキスポ」の発起人かつ
メインアーティストでも在る
上園磨冬氏…

何と!
上園磨冬氏が
「デビルマン」と
公式にコラボして
作品を創り
発表致します!!!

其れは
今回の「黒白ヱキスポ666」の
超ド級の大眼玉事件として
ひそかに水面下で
進められて居た
特別な作品…

「磨冬版デビルマン」は
「デビルマコ」のタイトルで
48年にも渡る
デビルマンの歴史の
次の1ページを飾る…
---------------------------

◆オルタナティヴ・アート界を代表する
「トーキングヘッズ叢書(TH)」と言う
有名な現代アート誌がある。

 


「TH」はオルタナティブ・アート界の
独つの指針であり
その表紙を飾る事は
その界隈のアーティストにとって
大きな到達点とも呼べる
登龍門的存在のアート誌だ。

そんな「TH」の第55号は
「黒と白の輪舞曲(ロンド)」と題され
モノクロをテーマに

2013年に発刊されている。

「TH55号」…
その表紙に自身のフォト作品が
一面掲載され
表紙を飾らせて頂けると聴いたトキ
「折角なら面白い事しましょうよ!」と
編集長にアイデアを投げ掛け
その表紙・裏表紙の印刷までもを
異例の黒1色(スミ1色)で印刷し
書籍そのモノ自体を
「オブジェ作品化」させる事を目論み
当書にて特集が組まれた
POPアーティストこそが
今回の展覧会の首謀者
黒白専門美術家の「上園磨冬」氏である。

(※上園磨冬氏は
美術家でありながら美容家でもある)

そんな「上園磨冬」氏と
「TH」にて毎号レギュラー執筆している
マチモ代表のベンイセイ氏とが
「TH55号」発刊時に意気投合してから
早7年…

激動の昭和95年(2020年)を

共に戦い抜く2人が
今ココにタッグを組んで
いよいよ2人の共同公募展として
今回の展覧会が開かれる運びとなった…

 


◆タイトルは【黒白ヱキスポ666】

黒と白の輪舞(ロンド)…
モノクロ作家よ大集結せよ!!!

 


その「モノクロ」は
白黒では無く
あくまでも「黒白」…
あくまでも「黒ありきの白」…

前出の「TH」の編集長も
「黒の中に白が生まれた」と
「TH55号」の中に記していた様に
あくまでも「黒」ありきの「白」…

◇好きな色は「黒」


◇「黒」が好きだから「白」も好き


◇「モノクロ」は白黒では無く「黒白」



そんな「黒白狂」作家達の
「モノクロ」作品を募集する。

今回の展覧会を機に
貴方の好きな「モノクロ」は
「黒白」なのか「白黒」なのかが思考され
「モノクロ界」が「黒白派」と「白黒派」に
二分されるであろう…


※今回、上記を詠んで
自分が好きなのは
白黒では無く「黒白」だったんだ!と
「黒白派」への転向組も大歓迎する。


◆今回募集する作品について

作品は平面立体問わず、募集します。

ただし次の三点を以て、
作品の完成として頂きます。

 

①】「昭和と黒白※」を主軸にすること

※「昭和」が未だ続いて居れば

今年は「昭和九拾伍年」である。

只レトロに過去を振返る「昭和」では無く

あくまでも現在進行形の「昭和」

「昭和時代に観た未来」の具現化………

貴方の想う「昭和テイスト」を

「昭和九拾伍年式」の味付けで料理して

「昭和」時代の夢の続きを
創造して下さい…

※使用可能基本色は「黒」と「白」のみだが

補色として「灰」と「透明」は可能とする。

②】今回の御題目である
「眼ン球(メンタマ)※」を追加すること

※「眼ン球」…其れは…

「めんたま」「目玉」「眼球」「目の玉」…

「目」「眼」「め」…の事…

「眼ン球」モチーフ

「眼ン球」が印象的等

「眼ン球」を特徴的に存在させた作品を

創造して下さい。

③】応募する作品の中に
「666のシンボル※」を混在させること

※「666のシンボル」とは
「上園磨冬」氏が「666」を中核に
1989年から制作し

今尚創り続けているドキュメントにて

使用されるシンボルのことです。


◇「666のシンボル」を混在させる際の

注意点について

①「上園磨冬」氏制作の

オブジェ作品「666」をトレースした物を

規定シンボルとして使用すること

②使用する「666のシンボル」は
下記画像を保存してトレースして下さい

666symbol.png

※上記画像以外の「666」は

無効とさせて頂きます。
※ただし基本型を厳守の上で
データをトレースし
各作家の作風によるアレンジは可能。


※尚、上記「666」シンボル画像の使用は

今展覧会出展者のみ使用可能とします。

(今展覧会関連以外での使用

または出展者以外の無断使用に関しては

固く禁じます。)

666arrangesample.png

※規定の「666シンボル」を分解して
「6」を縦3つに並べ変える等は不可。

 


◆ロックフェスやアートフェスが
数多く存在する現代において
「昭和と黒白」を主軸に
ロックフェス的アートフェスを
僕が行なうならば
「フェス」よりも「ヱキスポ」の方が
「らしい」と感じたと「上園磨冬」氏…

小さな街の片隅から
少しづつ少しづつ成長させて行き
モノクロアート界の一大イベントとして
世に浸喰して行く腹積もりだとも言う。

「昭和黒白」な「ヱキスポ」の中に
まずは「眼ン球」と言う

「パヴィリヲン」が創られ
その「パヴィリヲン」の中に
各アーティストのエリアが創られている…
そんなイメージが
今回の公募展の概略です。

___黒白ヱキスポ666実行委員会___


【追伸】

今回の公募展「黒白ヱキスポ666」を
「TH55号」に捧ぐ…

コレは「TH55号」の

夢の輪舞の続きで在る…

共鳴(狂鳴)共感(狂感)第六感
貴方の琴の線に触れ
何かの音の葉鳴ったなら
是非に参戦→御待ち申す

上園磨冬(DOL / ケモノヘンニエフ) 

http://athird.cart.fc2.com/ca1/80/
アトリエサード「TH55号」

---------------------------

【出展について】

〇壁吊り展示のみになります。

〇釘打ち、壁面への粘着剤(テープ類全般、ひっつき虫など)の使用はできません。

・プランA…¥6666-

作品は額装をして額裏に紐を通して下さい。

キャンバスの場合は裏に紐を通して下さい。

展示可能領域は横666×縦666mmです。

こちらで展示設営を致します。

搬入受け付けは9月30日(水)18時まで。

作品を発送頂くか、直接店頭までお持ちください。

搬出は最終日に店頭にて回収頂くか、着払いにて発送致します。

展示可能領域内に、小さな作品を複数出展する場合は

以下画像の様なステンレスのウォールネット(備品)に作品を配置し設営するかたちとなります。

ウォールネット1枚のサイズは横475mm×縦225mmとなります。

(画像は2枚使用しております)

左)ポストカードサイズなどのミニ額で出店した場合​

右)アクセサリー小物などを出店した場合​

・プランB…¥6666-

作品を当店で額装をし、展示設営を致します。

​作品は紙ものに限ります。

​​

対応可能額サイズ

​ポストカードサイズ額

Aサイズ額(A2/A3/A4)

Bサイズ額(B3/B4/B5)

※号数サイズ、判サイズには対応しません。

(規定以外のサイズの場合はお受けできません、ご注意下さい)

搬入受け付けは9月30日(水)18時まで。

作品を発送頂くか、直接店頭までお持ちください。

額装をする準備があるため〆切厳守です。

作品発送の際の注意

1、段ボールや厚紙で作品を補強して下さい。

2、ビニールに入れてしっかり封をし、水濡れ対策をして下さい。

搬出は最終日に店頭にて回収頂くか、着払いにて発送致します。額込みでのご返却となります。

・プランC…¥6666-

◯立体展示(横666×縦666×奥行99,9㎜内)

自立できる作品に限ります。

立体展示の場合はエントリー前に必ずお問い合わせをお願い致します。

・その他

●展示数を増やしたい場合は複数枠分申し込み可能です。

●平面作品と立体作品を展示したい場合は平面展示枠と立体展示枠の両方をお申込みください。

◎全参加者共通事項

キャプションについてはこちらで制作いたします。

搬入時に必要事項(作品名・作家名・値段)を記載したメモ用紙を同封下さい。

作品が2点以上ある場合は、額の裏にメモ用紙を貼るなどして作品の混同が無きようお願いします。

(値段を付けない場合は必ず“非売”と明記して下さい。折角の展示会の機会ですので、作品が人の手に渡る喜びや、次の作品を作る活力にも繋がりますので販売をお勧め致します。)

搬出は最終日公募展終了~22時の時間帯に行います。

作品のお預かり、保管は致しません。

時間厳守にてお願い致します。

=直接搬入の注意事項=

土曜、日曜に直接搬入が集中します。

​搬入の時間が被らないよう時間調整をお願いする場合がございます。

通常営業時のお客様で混み合う場合もございます。その場合はご相席をお願いします。

搬入の際にテーブルを使った作業をする場合は(納品書を書く、額に紐をつける、など)

必ずご飲食のオーダーを願いします。

=郵送搬出の注意事項=

郵送での搬出は、お持ちいただいた梱包資材にて行います。

直接搬入で郵送搬出を行う場合、郵送に耐え得る梱包資材と送り先記入済の着払い伝票を必ずお持ちください。

梱包資材がない場合は、料金を頂戴してスタッフ側で手配いたします。

 

【エントリ方法】

galleryrasentokyo@gmail.com にメール、 
もしくは店頭にてスタッフにお声掛け下さい。

 

・記載事項

 01.作家名(フリガナ)

 02.作品が閲覧できるもの

  …(サイトURL・Twitter・Instagram等)

 03.出展の作品内容

  …(写真、イラストなどその他ございましたらお書き添え下さい)

 04.希望プラン

  プランA or プランB 

 05.出展料金の支払い方法

  店頭(来店日)or 振込(振込日、振込の際の名前)

        エントリー後、参加合否の返信を致します。

        返信の連絡を受け次第、2週間以内にお支払い下さい。

 06.搬入搬出について

  搬入→店頭持ち込み or 郵送

  搬出→店頭回収 or 着払郵送

 (※5、6の日程については現状の予定で構いません。)

 07.本名

 08.郵便番号、住所

 09.電話番号

 10.メールアドレス

※簡単な作家審査がございますので、Gallery 螺旋からの返信をお待ちください。

 「02.作品が閲覧できるもの」を参考に作家審査を行っております。

 企画内容に沿った作品でなくても構いません。

 過去作品の閲覧できる、作風がわかる、今までの活動がわかるサイトやSNSをご提示ください。

 もしくは直接画像の添付をお願いいたします。

 (それらが無い場合、意気込みやどのような作品を作りたいと思っているのか等を別途ご記載ください。)

※エントリーのメールを送信後3日以上返信がない場合、

 大変お手数ですが前衛喫茶マチモのツイッターアカウントにリプライにてお問い合わせ頂くか、

 前衛喫茶マチモの営業時間内にお電話にてお問い合わせください。☎03-5378-1517

 

【支払い期日】

エントリー後、参加合否の返信を致します。

返信の連絡を受け次第、2週間以内にお支払い下さい。

 

振込または前衛喫茶マチモ店頭でのお支払いをお願いいたします。

店頭でのお支払いの際は前衛喫茶マチモの営業時間内にてお願いします。

 

【振込先】

・ゆうちょ銀行同士の振込みの場合

ゆうちょ銀行

普通口座

記号 14120

番号83727981

モリシタ メグミ

 

・ゆうちょ銀行以外の金融機関から振込みする場合

ゆうちょ銀行

店名418(ヨンイチハチ店)

普通口座

番号 8372798

モリシタメグミ 

 

【その他】

・在廊の際はご飲食のオーダーをお願いします。

・店内が混み合う場合ご相席をお願いします。

 ご相席で対処し切れない場合はお客様にお席をお譲り頂くようお願いする場合もございます。

・出展作家以外の方が搬入と搬出に来る場合(ご家族やお友達など)は必ず事前にお知らせ下さい。

 

【販売】

展示作品の販売可(会期終了後にお渡し)

物販可(即日お渡し)

作品、グッズの販売手数料33,4%をいただきます。(作家さんに66,6%バックします)

 

・納品書

展示作品、グッズの販売がある場合は搬入の際、かならず記載のうえ納品書を御持参または同封下さい。

住所・氏名・作家名・作品名・納品数・販売価格を記載いただければ形式はフリーです。 

必要事項として振込先もご記入ください。

・値札付けについて

販売のグッズにはすべて「販売価格」と「作家名orブランド名」と「品番」が記された取り外し可能なシールか

もしくはタグをお付けください。

品番は数字の通し番号だけでも構いません。

納品書にも商品名と品番がわかるように記載してください。

 

・物量、スペースについて

グッズを置くスペースは展示壁面の壁付けの棚の上となります。

また全作家キャプションは棚に設置いたします。グッズの他、名刺も設置可能です。

在庫管理は店内で行います。ポストカードなどの紙ものは1種類つき6点まででお願いします。

・売り上げについて

最終日当日は搬出作業のため精算を行いません。

店頭でのお支払いは展示終了後より一週間以内となります。前衛喫茶マチモ営業時間内にお願いします。

それ以外は指定口座への振込みとなります。

 

振込みの場合、売り上げより振込み手数料を差し引いてのご入金となります。

売り上げが少額で振込手数料が差し引きできない場合は前衛喫茶マチモにて料金を保管いたします。

ご来店くださる場合や、次回の公募展にご参加くださった際の売り上げと合算してお支払いします。

・通販で売れた場合

通販で売れた場合、売り上げが当店に振り込まれるまで2~3週間程掛かります。

お支払い時期のご連絡をいたします。

 

【注意点】

イベント宣伝のため画像・動画をTwitterやブログ等にUPすることがあります。

また、来場者の方の撮影も自由とします。

(接写、フラッシュは禁止致します)

 

【規約】

以下の場合、契約金のご返金はいたしかねます。

・入金により契約になります。以後のキャンセルは 原則として受け付けません。

・オリジナル作品に限ります。2次創作、版権モノ、あきらかなパクリ作品はご遠慮下さい。

※但し、コラボ作品等で、版権元等の権利者より公式使用​許諾を得た場合は応相談とする。

・展示物の内容が法の定める「猥褻物」や「児童ポルノ」に抵触する物、過度な性描写や性器の露出はご遠慮下さい。

・迷惑行為などが発覚した場合は契約破棄、また会期中の場合は各所に報告、通報する場合がございます。

・著作権切れの作品をモチーフにする場合はお問い合わせください。平面でのコラージュや模写は禁止とさせていただきます。

・契約時に入力していただく個人情報のすべてに関して、いかなる虚偽の申告をしてはなりません。

 

また、

・企画への参加や情報を利用したことによって出展者様に不利益が発生した場合、当方は損害を補償しかねます。

 

以上です。

※※※こちらもあわせてご確認ください。※※※

公募展について ポイントカードについて